top of page

N-BOX SLUSHがヤバイ!


ヤバい!これはヤバい!!

素晴らしい。やっぱり200万円以下のホンダ車は本当にいい。

巷ではオーディオカー的なコンセプトが2代目bBに似ているとか、ラインナップ拡大の為のN-BOXの派生モデルに過ぎないだの、悪い評価を下している方も多いようですが、これは間違いなく新しいです。

確かに、ポリッシュスタイルの鉄ホイールにカラードキャップを被せる手法なんて数十年前からVWがやって来たことだし、フロントフェイスはまんま今のホンダ車で特に目立った特徴や奇抜さなんてない。おまけにインテリアのコーディネートだって、MOONやHOT RODをはじめとするカスタムカーの世界ではごくごく自然なカラーコーディネートを真似ただけかも知れない。

でもね、でもね…。

確かにカラードキャップのポリッシュホイールは上級グレードに装着される装備だし、広告イメージで掲載されている車は結局オプション満載なのかもしれないが、それでも100万円台前半から用意されているっていう事実は素晴らしい。

ツートンカラーは81,000円高らしいが、これを高いとみるか安いとみるか…。

カラーの塗り分けがどれだけ生産コスト高につくか分かります?その事実を知っていれば、どれだけのバーゲンプライスか、どれだけ頑張っているかわかるんだけど。それが中々わかってもらえない、伝わらない辛さ…。

デザインが別に新しくないだって?とんでもない。すごく斬新です。

フロントフェイスは確かにN-BOXとほぼ同じだし、むしろN-WGNの方が”新しそう”に見えるかも知れませんね。

まぁ、それはいうなれば異性を見るときに顔そのものしか見ていないのと同じですよ。どんなに端正で綺麗な顔立ちをしていても身長が低くて足が太くて短かくてメタボってたら、全体のルックスとしては台無しでしょ?

クルマもそれと同じで、各部のラインやパネルサーフィス、そしてそこから生まれるシャドウ&ハイライト、っで全体のパッケージングレイアウトを全部真っ黒に塗りつぶした状態で見てみると、本当に新しいのか古いのかが見えてくる。

この車の凄いところは、まずこのハイウエスト&ロールーフ。今流行りの背高ワンボックススタイルのK-Carとは一線を画して、ウインドウ上下幅が非常に薄い。それでもフロントウインドウは結構な上下幅だが、後部に流れるように降下するルーフラインと、逆に上昇するウインドウアンダーラインが、よりウインドウの”薄さ”を強調させているわけです。

こんな背高ワンボックススタイルは他にはない。これが新しくないって言えますか?

っで、さらに凄いところ。これ多分フロントのヘッドライト、グリル、バンパー、左右フェンダーあたりはN-BOXと共通でしょ。いや調べたわけではないので間違っていたら申し訳ないのですが、多分共通。

これはすごい。巧みなコストカット技術。これだけ”違う”クルマに見せておきながら、そっくりフロントセクションを共用できている(としたら)のは、何よりもアウトラインを描き出したデザイナーの手腕は称賛されるべきでしょう。

そして、bBの二番煎じと噂されるオーディオシステム。8.1chのシステムをK-Carに盛り込むとは中々思い切った内容ですが、一番びっくりしたのはサイト内で紹介されているオーディオのメーカー名。

ズバリ”FOSTEX”。

超マニアックです。(笑) これはフォスター電機のブランド名で…ってイチイチ説明してもまだ分からんこの会社、このブランド。

普通なら”BOSE”とか”harman kardon”とか名の知れたオーディオブランドを使う所ですが、FOSTEXですよフォステックス!!

オーディオマニアなら知らない人はいない&多分音楽業界関係者で機材を触る人なら知らない人はいない、そういうブランドでして、スピーカーを自作する人は一度はFOSTEX製品を買わなければいけない位、「その筋では」有名な会社なのです。

ちなみにフォスター電機製のスピーカーユニットはパチンコの筐体からラジカセ、各メーカーの家電製品にはOEMでかなり使われていますよ。簡単に言えばサプライヤーですね。

それを有名ブランドンの名前を使わずに、”まんま”出してきた所はマニア的には絶賛です。そしてこういう縁の下の力持ちを表に出してくれる事も賞賛すべきでしょう。

まだ肝心な「音」は聴いていませんが、FOSTEXを押し出しているという事は、かなり期待してよいはずです。

LEDの派手なイルミネーションで着飾って、どこぞのPAに集まって重低音ガンガン鳴らす様なイメージを製品化したbBとは、真似どころか対極にあるといっても過言ではないでしょう。

まぁ、どちらが商売として良いのかは分かりませんが…(笑)

という訳で、長くなってしまいましたがbBのコピーでもなければ、新しさがない車でもなく、むしろ超斬新、超魅力的な一台なのであります。

ところでインテリアのコーディネートを全部一気に見れるショールームないのかしら…。誰か教えて。

PS.ちなみにボクはホンダ党でもなければ、ホンダマニアでもなければ、日本車好きでもありません。NSXやS2000、NSX-concept2013の批判をしろと言ったら、この程度では到底収まらないほど言いたい事が山ほどありますよ。

http://www.honda.co.jp/Nboxslash/

Featured Posts
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
Recent Posts
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
bottom of page